2018年04月05日

3月27日(火)小学生のお菓子教室を行いました。

こんにちは、ウェルネスセンターの堀江です
いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます

今回は、春休み特別企画
「プロに習う小学生のお菓子教室」
のレポートをさせて頂きます

講師はいつもおなじみの平荘町で
本格フランス料理店「ラ・プロヴァンス」
を営んでおられる土居美紀子先生です
先生はそちらでパティシエールを
専門にされています

この企画はいつも早い段階で定員に
なってしまい、今回ご参加頂けなかった
方には、本当に申し訳ございませんでした
また、夏休みに企画予定となっております
ので、楽しみにお待ち下さい

さて、今回のメニューは
マーブルパウンドケーキです

今回は、15名が参加してくれましたので
3人づつ,5つのグループを作ります。
男子の参加率も年々増えてきています

初めて会ったお友達同士で作った
グループなので、少し緊張感漂い、
教室は静かに始まりました。
DSCF4044.JPG

まず、最初にボールに、入れたバターの塊を
泡だて器で混ぜていきます。
気温が高くなってきたとは言え、
バターの塊は最初は本当に固いので、
なかなか混ぜるところまでいきつけません

かなりの勢いで上から泡だて器を
振り下ろしたり、押さえたり、叩いてみたり、
とみんなで協力しながら
格闘します。そして、疲れたら選手交代

静かなスタートだったんですが
力仕事?をしているうちに、皆テンションも
上がってきて、あちこちから賑やかで
楽しげな歓声が聞こえてます
さすが小学生です、馴染むのが早いですね

そして、かなりの時間を費やして、ようやく
バターが滑らかになってきました

そこに、溶き卵を入れて、混ぜる。
砂糖を入れて、混ぜる。
アーモンドパウダーを入れて混ぜる。
小麦粉・コーンスターチ・・・入れて混ぜる。

混ぜて混ぜて混ぜて作るのが
パウンドケーキなんですね
それでもみんな弱音も吐かず、
一生懸命混ぜてくれました。

やっと生地が出来上がりです。
最後にマーブル模様を出す為に、
チョコを溶かしたものを生地に入れますが、
今度は逆に一人2回しか混ぜてはいけません。

混ぜるなと言われたら、混ぜたくなるのが
人情ですが、美しいマーブル模様の為には我慢です
混ぜすぎるとただの茶色のケーキになってしまうので
そこは細心の注意が必要です。

今時の小学生はみんなちゃんと先生の話を聞いて
くれるので、どのチームも混ぜすぎて茶色ケーキに
なることもなく、きれいなマーブル模様になっていました。

DSCF4053.JPG

最後に先生が前もって作ってくれていたケーキに
ホイップとイチゴそ添えて、アップルジュースと
一緒に頂きました

DSCF4066.JPG

DSCF4063.JPG

洗い物も最後まできちんとしてくれて、
感激しました
DSCF4057.JPG

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました
また、次回のご参加も心よりお待ちしております


ゴールデンウイークにも子供さん向けのイベントも
ご用意してますのでまたご参加をお待ちしております

アウトドアヨガ.jpg

※今回ご参加の皆様にはお写真掲載の許可を得ております。

併せてこちらもご覧くださいね


加古川スポーツ交流館
平荘湖アクア交流館
浜の宮プール




posted by ウェルネスセンター at 09:58| 兵庫 ☔| 料理・お菓子教室 | 更新情報をチェックする