2019年01月01日

新年のご挨拶

ブログをご覧のみなさま、新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました
本年もより一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


毎年、正月には実家に帰ってゆっくりする
という方も多いかと思います。
ですが、この美味しいものが多い時期だからこそ
正月太りという問題が発生します。

正月太りについて、原因と対策をまとめてみました。
よかったら参考にしてください。
※ダイエットde痩せ隊!HP参照

原因①お正月の食べ物
まず正月太りの1番大きな原因としては
やはりお正月の食べ物があるでしょう。

よくよく考えてみれば
お正月に食べる料理は、餅などの炭水化物が多いです。
これらの料理を短期間で食べることが、
正月太りの一因といえます。

原因②運動不足

やはり運動不足も大きなお正月太りの原因ですね。
運動量が落ちるということは
当然、消費カロリーも減ってしまいます。


原因③気温

寒さによって、体温が低下してしまうと
身体は代謝を低くしてしまいます。
その結果、基礎代謝が下がってしまい
運動不足での代謝低下と併せて
消費カロリーが大幅に低下してしまうのです。


対策①当然、食べる量に気をつける

やはり最も気をつけたいのが
高カロリーな料理の食べ過ぎです。
お餅は1個で我慢する、栗きんとんも一摘みだけ食べる
お酒はほどほどに。

特におせち料理は、かまぼこやエビなど
海鮮系の食材が多く、炭水化物を少なめに抑えることができます。
甘いもの、お米系の食べ物はなるべく避けて
海鮮系やお豆の食べ物を中心に食べてください。


対策②初詣などのイベントに出かける

初売りや初詣、初日の出など
少し無理やりにでもイベントに行ってみると良いかも?
消費カロリーを増やすように心がけましょう。


対策③防寒対策を万全にする

身体の冷えはダイエットの大敵です。
代謝が落ちて痩せにくくなり
身体は脂肪を溜め込もうとしてしまいます。
それを防ぐためにも
防寒対策をしっかりとやりましょう。

意外と重要なのが腹巻きと靴下です。
お腹と下半身を冷えから守ることで
脂肪が着くのを防ぎやすいと言われています。

特に外に出るときには、厚手の服を着るようにして
中にはしっかりと着こみ
可能な限り身体を冷えから守りましょう。

ここまでの対策をしておけば
正月太りはかなり抑えることができるはず?

ですが、やはり日常よりは活動も少なく
おいしい料理が続く状況ですので
どうしてもある程度は体重が増えるかも?

是非4日(金)にご来館いただき、少しでも
運動不足を解消してくださいね。

それではよいお正月をお過ごしください。


加古川ウェルネスセンター
平荘湖アクア交流館
加古川スポーツ交流館
浜の宮市民プール

こっちものぞいてね
posted by ウェルネスセンター at 10:00| 兵庫 ⛄| 日記 | 更新情報をチェックする